ハチを正しく退治して平和な暮らしを守ろう

メンズ

害虫や害獣の被害を防ぐ

蜂の巣

ハチの巣やイノシシなどの駆除は、アナフィラキシー症状やケガを負うリスクが高いため業者に依頼するケースが一般的です。駆除業者への依頼が殺到する時期を避けるためにも、早期発見と早期駆除を心がけましょう。ハチの巣が大きくなったり害獣が繁殖してしまう前に対応することで、被害を最小限にすることができます。

詳細を読む

駆除方法を理解する

蜂

ハチの退治をする前に、そのハチがどのような習性を持っているのかを把握することが大切です。もっともわかりやすい例はスズメバチです。スズメバチは非常に獰猛な性格をしているので、こちらが退治しようとするよりも前に攻撃をしてきます。そのため、退治には十分考慮した上で行う必要があります。スズメバチは独特の姿をしているので、姿を見れば他のハチと区別がつきますが、巣もまた独自性を持っています。形がボールのように球形になっていて、色は茶色です。入口は1つしかありません。ちなみに、作りかけの巣はお椀を逆さまにしたような形をしています。他のハチよりもサイズが大きいので、女王蜂だけでなく働き蜂も一緒になって作ります。したがって、作りかけの巣に多くの蜂が集まっているとスズメバチの可能性があります。

スズメバチの巣の中には大きいものであれば、1000匹程度入っていることもあります。そのため退治をするときには防護服で肌を露出させないことはもちろんのこと、防護服の下にも分厚い服を何枚か着込みましょう。また、退治するときには殺虫剤をそのまま使うのではなく、水鉄砲など遠くから液体をかけることができる道具を用いましょう。巣に吹きかけるとスズメバチが巣が壊れないように、水分を吸い取って乾かします。そうして、吸い上げたスズメバチが死んでいくというわけですが、その数が多いので、何度も巣を濡らす必要があります。スズメバチの巣を駆除するには殺虫剤2本か3本程度は消費します。巣に噴射しても羽音がしなくなったら、完全に退治できたことになります。しかし、中には、虫が苦手で巣に近づきたくないと思うひともいるでしょう。そのような場合には、業者に依頼するとよいです。

巣をみつけてしまったら

駆除

キイロスズメバチは比較的小型で攻撃性が低いですが、それでも巣に近づくと攻撃をしてきます。6月から徐々に数が増えだし、8月には膨大な数になっています。駆除作業は必ず準備を万端にし、遠方から攻撃をするようにします。

詳細を読む

蜂の退治方法

ハチの巣

蜂は人間の生活エリアに近い所で活動している虫の一種で、中には人間を刺して命に関わる事態にさせてしまう種類もいます。そのため住宅の近く等で蜂の巣を見付けた場合には、適切な方法で駆除を行う事が大切だと言えます。

詳細を読む